通販とダイエットの歴史

 スポンサードリンク

通販のダイエット商品が最近人気のようですが、通販の原点はカタログ販売です。19世紀のアメリカで地方の農民達を対象としたカタログ販売が通販の起源となっているそうです。

シアーズなどのカタログメーカーによる通販が盛んに行われるようになったのは19世紀末頃で、そこから現在の通販に繋がっていると考えられています。

日本国内での通販はアメリカ産のトウモロコシが販売された1876年が始まりですが、広く使われるようになったのはラジオやテレビの通販番組が70年代に盛んに行われたことです。

80年代には宅配システムが普及し、90年代のインターネットの普及は、通販の普及を加速させることになりました。

一方、ダイエットはどのような形で広まったのでしょうか。始まりは18世紀末のアメリカで、中流の人たちにも十分な食事が行き渡った頃からのようです。

食べすぎによる肥満が問題視され始め、ダイエットブームが起こったのが最初だとされています。肥満を問題視する声は高まり、ダイエットを商売にする会社も増えてダイエット商品の販売が盛んになりました。

肥満体型はいいものではないという考え方が1890年代のアメリカではごく一般的になり、消費に対して否定的な見解を唱えることも第一次大戦中に広まりました。

肥満は社会からの批判対象となりダイエットへの脅迫観念が人々に浸透したそうです。アメリカは日本と違って国民皆保険制度がないので、医者にかかる前に病気を治したい傾向があります。

そのため、ダイエットのみならずサプリメントで栄養面や健康面の通販を利用し、医療費を減らそうとするのです。