お腹の引き締め対策

 スポンサードリンク

どんなことがお腹の引き締めにいいでしょうか。基礎代謝の活発な体質になることが、男性のお腹引き締めの早道といえます。

じっとしていても人の体は脂肪を燃やしてエネルギーを消費しています。これが基礎代謝で、最も多い時期は15歳〜17歳頃となります。

基礎代謝が落ちると昔と摂取カロリー量は変わらなくても脂肪は溜め込まれやすくなり、お腹のでっぱりになります。

女性ホルモンの分泌が活発になる女性の思春期は、皮下脂肪の蓄積が行われやすくなり、基礎代謝の問題とは別に太りやすい要因ができてしまいます。

体脂肪増加のきっかけには、妊娠や出産もあります。また、閉経を迎えた更年期の女性は、今まで筋肉になっていたカロリー分が脂肪に回されるようになり、ますます脂肪の蓄積が増します。

お腹の引き締めは、男性より女性の方が気合いを入れて取り組まなければならないというわけです。内臓脂肪は、皮下脂肪よりは燃焼させやすく引き締めやすいという特性があります。

腸間膜には多くの血管があり中性脂肪を分解する酵素やホルモンが脂肪細胞内に取込まれやすい為、脂肪も分解されやすいそうです。お腹の引き締め対策のための運動をすると、分解された内臓脂肪は遊離脂肪酸となって、血液中に流れエネルギーとして消費されるのです。

体に負担をかけずに体重を減らしお腹を引き締めるには、ウォーキングなどの運動を毎日するという生活リズムを作るといいでしょう。

【参考】
お腹を確実に引き締めるセルライト除去クリームの選び方