お腹の引き締めをする時

 スポンサードリンク

お腹を引き締めたいと思うのはどんなときでしょうか。肥満で外来を受診する人が増えているそうですが、肥満を薬で予防する事は不可能なようです。

睡眠時間や食事時間が不規則にならないように心がけ、体を動かすことで肥満防止に効果があります。

医療の専門家によってMRIで体脂肪の状態を確認し、適切なダイエット方法を教えてもらえるのです。

肥満の症状を改善しなければ病気になるリスクが高いと判断された時、医師の指導によるダイエットが行われます。

体脂肪計があれば体内の脂肪量はチェックできますが、CTスキャンを用いて直接腹の中の状態を確認しなければ内臓脂肪はわかりません。

お腹の引き締めが必要がとうかは、ウエストとヒップの比率が男性は1.0以上、女性は0.8以上かどうかが分かれ目になりますので、確認してみてください。

ウォーキングやジョギング、腹筋でお腹の引き締めを目指しましょう。ただし、一刻も早くお腹を引き締めたいからと体に無理をしてきつい運動をしても、逆に筋肉を痛めてしまったり、心臓に負荷がかかってしまう恐れがあります。

体内の脂肪が積極的に使われるよう、毎日有酸素運動をしましょう。脂肪が燃焼しやすい体質になれば、お腹の引き締めもスムーズに進みます。

お腹の引き締め効果を高めるには、通勤や通学時に一駅余分に歩いたり、階段を使う習慣をつけたりと、普段の行動の中にもダイエットを組み込むと効果的です。不規則な生活やストレスもお腹の引き締めには大敵ですので、健康的な生活を心がけましょう。