出産後には骨盤ダイエット

 スポンサードリンク

妊娠中と違い、産後の授乳期は母乳を子供に与えているため少々食べ過ぎても太りにくくなっています。人によっては妊娠前よりかえって痩せるケースもありますが、授乳期を過ぎてもそれまでの食欲が続きます。

結果体重が増え、妊娠、出産後のダイエットを考える方も多い様です。妊娠後のダイエットで最もお勧めなものは、骨盤の状態を正しい位置に矯正する骨盤ダイエットかもしれません。

普通の骨盤は締まっていますが、産後はやや緩んでいるといいます。骨盤のズレなどは出産時に発生しやすいですが、通常であれば妊娠前の状態に自然と直ります。ただし、バランスが取れていないような姿勢を続けていると戻らないこともあります。

出産前の正常な骨盤に戻らない場合は、妊娠中についた脂肪だけが原因ではなく、骨盤の歪みからお腹がポッコリと出てしまいます。出産後は特に骨盤のゆがみや開きを直すことを目的とした骨盤矯正運動が有効です。

近頃は骨盤ダイエットの知名度も上昇し、テレビや雑誌で紹介されるようにもなりましたし、骨盤ダイエットの本や骨盤エクササイズの教室などもあるようです。

骨盤を正しい位置に矯正する為のバンドやベルト、クッション、イスなどの骨盤矯正目的の商品も多く販売されているので活用してみてはいかがでしょうか。出産から半年いないにダイエットを開始しなければ、妊娠時の体型の崩れはずっと続きます。

妊娠後のダイエットは、産んでから1カ月後くらいが目安です。出産の直後は自律神経の働きが満足でないために身体への負荷が大きいので、復調を見計らってダイエットをしましょう。