妊娠中のダイエット

 スポンサードリンク

ダイエットと妊娠は両立できるものでしょうか。妊娠をしたことでの体重の増減は、8sの増加が最も望ましいとされています。細身の体型の方は10s増加まで、ふくよかな人は5sの増加くらいがいいようです。

ダイエットを妊娠期には行わない方がいいと言われています。ダイエットでは極端に食事量を減らしたり、きつい運動を毎日続けたりすることがありますので、母胎に負担がかかり胎児にも悪影響が現れる可能性があるといわれているためです。

ただし妊娠時に体重が増えすぎると母胎にも胎児にも黄色信号で、妊娠中毒症になってしまう場合もあります。妊娠時の定期検診では、体重が増えすぎたことを医師に指摘されてしまうという方が少なくないようです。

妊娠時の注意点に、便秘になりやすいことがあります。便秘になると肥満になりやすいといいます。便秘解消には食物繊維を含む食べ物や充分な水分摂取が効果的です。

妊娠している時にはダイエットはしない方がいいですが、食事や生活スタイルに気を使って脂肪の蓄積を防ぎたいものです。ダイエットというほど厳しいものでなくても、適度な散歩を時間をかけて行うなど、健康に良いことを意識して行うことが脂肪をつけすぎないことにつながります。

産休などで休みを取った人は、空いた時間に散歩をするといった時間の使い方もいいでしょう。妊娠中のダイエットとは、激しい運動や食事制限ではなく、規則正しい生活習慣や適度な運動、偏りのない食生活のことかもしれません。