妊娠と出産後のダイエット

 スポンサードリンク

ダイエットと妊娠は無関係ではあまりません。妊娠して出産後に増えた体重を減らそうと、いろいろなダイエットに挑戦しても良い結果が得られない場合もあります。妊娠期に増えた体重が、子どもを産んでからも思うように元に戻らないと困っている人は意外と大勢いるようです。

諦めてダイエット中断、という結果になってしまったという方もいるようです。妊娠中の女性の体は、エストロゲンという女性ホルモンの働きが活性化されます。そのため食欲が増し、体脂肪が増えるようになります。

妊娠で体重が増えると運動がしにくくなり、また、大事を取って激しく身体を動かさないよう気を使うようになるため、カロリーを使う機会が少なくそのことも体重アップに関わっています。

食欲が無く動けない状態などの場合、筋肉量が減り、基礎代謝が下がることも妊娠中の肥満の原因とされています。食事の改善や適度な運動によって、赤ちゃんが生まれるまでに身体についた体脂肪を健康的に燃焼させるものが妊娠後のダイエットの狙いです。

ダイエットを行う際の注意点は、出産から6ヶ月以内に取り組むことです。妊娠時に増えた分の脂肪は水分の割合の高い脂肪だと言われているため、ダイエット効果も期待できるといいます。

産まれたらあまり間をおかずにダイエットを始めてください。対応が早くきちんとダイエットが実行できれば、ボディラインも整い妊娠前に近い体型が維持できます。

反対に、子どもが産まれてから半年以上体脂肪が蓄積されたままにしているとダイエットの効果が現れにくくなり、妊娠中の脂肪がつきっぱなしになってしまいます。