くびれなしウエストの原因

 スポンサードリンク

ウエストのくびれはボディラインを考える上で気になるポイントですが、運動量や食事の他にくびれのために気をつけたいことがあります。

体に不要な老廃物は本来なら体外に排出されますが、食事の乱れやストレスなどでリンパの循環が滞ると老廃物の排出も弱くなります。

老廃物が排出されにくい体は脂肪の代謝も衰えることになり、ダイエットに励んでも脂肪が燃焼されにくくなります。そのためウエストに脂肪が溜まってくびれがわからなくなります。

腹筋や背筋等の骨盤を支えている筋肉の低下による骨盤の開きも、くびれのないウェストの原因になるようです。経産婦は骨盤や背骨が歪みやすくなり、ウエストがくびれにくくなります。

靴が良くないせいで骨盤ゆ背骨に歪みが出ることもあります。窮屈な靴でも我慢して履けばいいとは思っていませんか。それはリンパが流れにくくなる原因です。

足を組む姿勢がクセになっている人や、常に片足に重心をかけている方は骨盤や背骨の歪みを誘発しているかもしれません。長時間あぐらの姿勢でいたり、ぺたんこ座りや横座りをすることも骨盤には悪影響となります。

歪みが出た骨盤をそのままにしておくと、内臓の代謝機能に良くない影響が出ます。内臓に脂肪が溜まりくびれがなくなるのは、そういったことも影響しています。

便秘も大敵です。代謝が悪くなるのはもちろん、便をお腹の中に溜め込んでいるのでウエストにくびれがなくなるのは当たり前です。全身の血の巡りが悪かったり、ビタミンやミネラル摂取が足りなくなるとむくみやすくなり、ウエストのくびれに影響します。

体の外と内、両方からのアプローチがウエストのくびれを維持するためには大事です。