腸もみダイエットの実践方法

 スポンサードリンク

おへそのまわりが腸のある場所ですが、腸もみダイエットではその近辺をただ揉んでみるだけでは効果はありません。腸もみダイエットでは、入浴時か布団の中で、腹周囲を4周マッサージするという形で行ってください。

腸もみダイエットの前に、腸の働きをアップする動作をすると効果倍増するそうです。小指のサイドで、足の根本からへそ方向に体の中身を押し上げる引き上げるイメージで10回押してください。

腸もみダイエットにおいて押し上げるポイントは、おへそを中心に指3本分の半径の円周上にある6点です。時計の針の動きのように、へその周囲の固く感じるところからもみほぐします。

腸もみダイエットは、イスに座っても立ったままでも出来ます。クッションなどを腰の下に入れて天井を見る姿勢で横になり、膝を立てた状態でマッサージをすると特に効果的です。

適切な腸もみダイエットをするには、もみほぐしたいところをまるく回すように手を屈めて押していくといい具合になるようです。おなかの周りを念入りにマッサージすることで血の巡りが良くなり、体じゅうがぽかぽかと暖かくなります。

体温がアップすると免疫抵抗力がついて体が丈夫になるというメリットがあります。腸の周りには免疫活性に関するリンパ節が集まっており、腸もみでリンパの流れが良くなり免疫力アップ効果があります。

毎日腸もみダイエットを継続することによって、リンパの働きが活性化して体温が上昇し、風邪などを引きにくい体になれるでしょう。